葬儀やお葬式などに呼ばれた時に、必要になるのが数珠です。
数珠を持って、お焼香をして、亡くなった方を思い出し、仏様を拝むことが出来る大事な瞬間です。

しかし、今どきの若い人などは、自分の数珠などを持っておらず、母親などのを持って行ったりするのが普通だと考えられています。
けれども、自分用の数珠を持っておくということは、とても大切です。
何故ならば、社会に出た時に、必ず数珠のブレスレットは必要になるからです。

数珠を持たないまま、葬儀などに参加することも出来ますが、やはり基本的なマナーとして、数珠のブレスレットを身につけておくことは、社会人としての常識だと考えられているようです。
また、ブレスレットとして、葬儀屋お通夜以外にも、日常生活で厄除けとして身に付けることが出来ます。
ブレスレットとしても利用することができるので、様々な種類の色んな色のものを見つけることが出来ます。

このように社会人としての常識としても、もっておかなければいけないものですし、それ以外にも毎日の生活の厄除けとしても、利用することができるものなのです。
そもそも、本来は仏様を拝むために必要な道具だと考えられているもので、男性用と女性用に分けられています。
なので、必要になった時にきちんと、男性であれば男性のものを、女性であれば女性のものを持っていけるように、前もって準備しておきましょう。

関連リンク

心のこもった念珠の購入ならこちらへ|安田念珠店
昔から数珠の販売を行っている有名なお店がこちら|安田念珠店

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし